絶品!丹波自然栽培米おむすびと丹波野菜ごはんの会

こんな体験ができます

丹波市市島町で作られた自然栽培米「はじめ米」の生産者である高垣はじめさんと、 おむすびで人と土地を結ぶ人として、日本各地を飛び回り、田植えも手伝いながら、食イベントをしている雨宮かなみさんと一緒に、シンプルで究極なおむすびを作るイベントです。

食べることは生きること。
日々の忙しさで、ついつい忘れがちなことですが、 みんなで一緒に一粒の米、一葉の菜に込められた命を噛みしめながら食べる夜ご飯は絶品です。

もしかしたら人生の見え方が変わる夜になるかもしれません。

一粒一粒に想いが込められた自然栽培米とお野菜を楽しみたい人のために、
また料理を本質的に学びたい人のために、
かなみさんが炊き方のコツ、おむすびへの思いなども ふまえて、 菜食ベースで 出汁を取らないでできる お味噌汁、丹波野菜の素材を活かしたおかずを教えてくれます。

また当日ははじめさんが自家製ハーブで作ったハーブソルトと丹波地鶏もお持ちします。

素材の本来の美味しさを味わいながら、 はじめさんのお米作りの話を聞いたり、 かなみさんのお米の炊き方・おむすびを結ぶ話を聞いたりすることができます。

日時
2020年1月10日(金)19:00~22:00
場所
大阪府・豊中駅周辺
参加費
3,000円
予約
KichHikeにてお願いします

チーム丹波のご紹介

●COOK:kanami.
おむすびで人と土地を結ぶ人。 東京で地域や生産者さんと繋がる 『繋がるおむすび会』を主催。 日々の忙しさから埋もれてしまった 本来の自分を掬いあげる おむすびを結びます。

●生産者:はじめ
高垣創。自然栽培米「はじめ米」生産者。 生き方を突きつめることで農業に至り、現在は究極的にシンプルな仕方でお米づくりに取り組んでいます。

●つなぐ人:Yuka
丹波篠山市宿場町福住にあるAoashiGUESTHOUSEオーナー。 400日間、中南米を中心に世界一周した後に、美味しい食べ物と豊かな自然を求めて丹波に移住。自分たちが食べるものは自分たちで作って、余剰分はみんなで分け合いたい。そして、ご飯をみんなで作って、食卓を囲んだらとっても幸せ何だろうなと思って、家のすぐ裏に畑がある、築100年の古民家をキッチハイクができるようなスペースにリノベーションし、ゲストハウスを作りました。ゲストハウスの運営と地域活性P Rの仕事をしています。

当日の流れ

19:00 集合。早めに来れそうな方はいっしょに料理をしましょう!
19:40 いっしょに料理を作りましょう!
20:30 みんなでいただきまーーす!みんなで作ったごはんは、やっぱり美味しい!料理の感想から始まり、参加者同士繋がりも自然とできます♪
21:40 ごちそうさま&片付け 感謝の気持ちをこめて、みんなで食器を洗って片付けましょう。
22:00 解散

こんな人におすすめ

  • 丹波のイキイキしたお米・野菜を食べたい方
  • 丹波地域に興味ある方
  • 自然栽培米農家さんとお話ししたい方
  • 地域と関わっていきたい方
  • 生きてるエネルギーを感じていただきたい方。
  • そのエネルギーを大切にしていただきたい方。
  • おむすびを一緒にみんなと結んで見たい方
  • ワイワイ楽しみたい方
  • 田植えに興味ある方
  • みんなで料理したい方

などなど! 出会いは何かのご縁だと思っています^^ このタイミングでこのイベントを見つけられたのもきっと何かのご縁でしょう。 ぜひ、ご参加いただき、究極のおむすびを食べながら、いろんな話をしましょう^^