モノからコトへも、古い話か?

いくつかのシーンを紹介しつつ、「コト消費からヒト消費へ」という時代の流れを指摘されている記事です。 経営コンサルタントの仕事として追いかけているテーマでもあるのですが、データを分析するよりもこれらの「傍証」のほうが経済の実態をあらわしてい... 続きを読む

子育てしながら働きやすい街は何を行っているか?

日経DUALから、最新版の「子育てしながら働きやすい街」ランキングが発表されています。 2015年から毎年行っている、日経DUALと日本経済新聞社による共同調査「自治体の子育て支援制度に関する調査」を今年も実施。その結果を基に「子育てしな... 続きを読む

34歳の女性首相を生んだフィンランドという国

12月にフィンランドの首相に就任して、34歳の女性首相として大きな話題を呼んだサンナ・マリン氏のライフヒストリー。フィンランドという国の変化が彼女の誕生を支えていることが良く分かります。 フィンランドでは、LGBTの家族、特にレスビアンと... 続きを読む

充実した明石市の子育て支援を支えている哲学

兵庫県明石市の子育て支援策が話題です。市長へのインタビューも交えた記事を読みつつ、政策の裏にある哲学について思いをはせました。 積極的な子ども施策を重ねた結果、大阪や神戸など近隣都市から子育て層の転入が拡大し、市の人口は7年連続で増加。納税... 続きを読む

つながりをつくるための「コミュニティ通貨」

昨年、鎌倉市で実験された「まちのコイン」、メディアへの掲載状況についてまとめた記事です。その狙いがクリアに伝わる内容です。 5月ごろから、メディアをいくつも訪問してまちのコインの説明をしてきましたが、今思えば、まだその頃は「つながりを可視化... 続きを読む

京都市の自転車施策の効果が目に見えてきた

京都市が2019年3月に発表した「京都・新自転車計画の進捗状況と今後の方向性について」を受けた記事がこれ。施策の効果が表れてきた重要なニュースだと指摘されています。 この約10年の中で、京都という街は日本で一番「自転車が最も頻繁かつ安全に... 続きを読む

スマートシティ実験場、いっそ人里離れた限界集落ではどうか?

中国のIT大手テンセントが島を購入したというニュースを受けて、自動運転の実験場として島のような孤立した環境の利点を伝える記事です。 こうした自動運転シティは、他の地域と隔離されていればいるほど実行しやすい。そこで「島」の出番だ。島内全域を自... 続きを読む