六本木で「ローカリティの冒険」

ソシエテ・リベルテ主催イベント、本年度もいよいよ東京でスタート。

昨年度好評をいただいた、国際大学GLOCOMさんとの「ソシエテ・リベルテ in 東京」が、今年も開幕です。

1回目は、「未来はもっと自由か」をテーマに、ITジャーナリスト湯川鶴章さんをゲストに語り合います。特別講師は、GLOCOMの前川徹所長。ナビゲーターは、昨年度に引き続き庄司昌彦主幹研究員とソシエテ・リベルテの仕掛け人、小橋昭彦です。

8月24日(金)に開催する第1回ソシエテ・リベルテでは、「未来はもっと自由か」をテーマに、AIが仕事を奪うのか、超監視社会になるのか、それとも未来は明るいのかなど、気鋭のジャーナリストらとともに語り合います。

情報源: ソシエテ・リベルテ in 東京「ローカリティの冒険~新情報時代のエッジを求めて~」第1回「未来はもっと自由か」 | 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です