北見市で「帰省型テレワーク」

そうだよね、これだけ帰省というライフスタイルが浸透しているのだから、いっそ帰省した機会に豊かなテレワーク環境に親しんでもらい、将来の本格実施や、サテライトオフィスなどにつなげるっているのもありだよね。

帰省型テレワーク。新語的な感じだけど、ありだな。詳細は北見市のサイト「はたらぶ」にて。

首都圏に暮らすオホーツク管内出身者が夏休みなどの前後に北見で遠隔勤務する「帰省型テレワーク」を定着させようと、北見市が首都圏の管内出身者の誘致に力を入れている。

情報源: 仕事しっかり滞在ゆったり 帰省型テレワーク定着へ支援 北見市、拠点施設を無料に:どうしん電子版(北海道新聞)

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です