福島県、自律型農業ロボットで大規模果樹園を管理

人口知能による果樹農業データプラットフォームを構築して、少人数でも大規模経営が実現できる農業ロボットによる果樹園運営を目指すと。

福島県の「福島イノベーション・コースト構想」の一環です。生育状況の可視化、土壌分析などのデータ蓄積、AIによる営農アドバイス、農作業ロボットの導入など。

農業ロボットの領域において、両社の知見と地元企業や大学機関と連携し、以下の実用化開発を目指します。  ・農場内の生育状況の可視化、土壌状況や温度環境の把握、データ化  ・AIによる最適な営農アドバイス  ・農業用車両の自律化制御システムの開発  ・農業用ロボット(ドローン、クローラー)の企画・開発

情報源: ユニリタと銀座農園、果樹のリモートセンシングによる自律型農業ロボットの実用化開発に着手! | 株式会社ユニリタ – 業界トップクラスのシステム運用とデータ活用で、企業のデジタル変革を支援します。

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です