農業ロボットベンチャーの挑戦

230万ドルを調達し、野菜の収穫など、農業の自動化を進めるベンチャー企業「Root AI」についての記事。

トマトのつかみ取りとか、なんだろう、未来的な動画がホームページに紹介されています。

「農場にはとても多くの役割があり、私たちはそれらすべての分野を補完しようとしています」とLessing氏は語る。「今、私たちは異なる生産者たちと、多くの技術実験を行っています。例えば成熟度の計測やトマトを掴むグリッパーの能力などについてです。来年にはパイロット生産を開始します」。

情報源: あなたが想像しているよりもずっと早く、野菜はロボットによって収穫されるようになる | TechCrunch Japan

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です