大阪府と河内長野市が自動運転実証実験

内閣府が募集していた「近未来技術等社会実装事業」の採択を受けて、大阪府が河内長野市で自動運転の実証実験。

上記、河内長野市からのプレス発表資料により詳しく書かれていますが、「スマートエイジング・シティ」の文脈のもと、高齢者の外出を増やして健康にということも目指しているとのことですね。

自動運転技術を活用し、交通不便地における新たな移動サービスを実現することで、少子高齢化社会における公共交通の維持・向上や高齢者の外出機会の拡大による健康寿命の延伸をめざします。

情報源: 大阪府 近未来技術等社会実装事業に係る事業採択(自動運転関係)について

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です