徳島県美馬、明大生がハッサク摘果体験

最近は、地域に入る学生が多くなっています。そんな事例も拾っておきましょうか。

徳島県の美馬に、明大生が入るという事例。

中山間集落の現状や課題を調査している明治大農学部の学生が17日、ハッサクの栽培が盛んな美馬市穴吹町の「仕出原集落」を訪れ、余分な実を取り除く「摘果」作業を体験した。

情報源: 明大生 ハッサク摘果体験 美馬 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です