塩尻市と女子学生をNPOがつないで、商品開発プロジェクト

これまた塩尻市。出会いを事業として活かそうという、自治体側の姿勢(公務員さんのパワー)があるから、いろいろプロジェクトが生まれるのでしょうね。

女子学生たちが地域の人を取材して、商品開発のタネを見つけ、開発していく。NPO法人ハナラボ。この種のNPOも重要。

現在取り組んでいる、塩尻市のふるさと納税返礼品の開発プロジェクトが、長野県の市民タイムスで紹介されました! 8月7日〜10日の合宿で、リサーチから商品企画までを行いました。商品開発・販売に向けて、これからが本番。 どの企画が商品化されるのか、最終的にどんな形になっていくのか、お楽しみに!

情報源: しおじり商品開発プロジェクトが、長野県の市民タイムスで紹介されました! | NPO法人ハナラボ公式サイト

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です