赤字路線を黒字化、埼玉県川越市のまちおこしにも貢献するバス会社

イーグルバス。インスタ映えする観光地に臨時バスを走らせるなど、チャレンジを続ける会社だったそうですが、路線バスは独特の難しさがあったと。それを黒字化したときの工夫。便数など「乗りたくなる」にはどうすればいいかですね。

3回シリーズで、最終回では自動運転やAIの活用などについてもインタビューされています。

地方の路線バスはその8割が赤字経営だ。毎年1500~2000kmの路線が廃止される中、自動車免許返納などで移動手段を失った交通弱者が増え続ける。路線バスを再建する手段はないのか。運行データの見える化と徹底した顧客視線で赤字路線を黒字化し、埼玉県川越市の町おこしにも貢献してきたイーグルバスの谷島賢(まさる)社長に聞いた。

情報源: 赤字だったバス会社が、なぜ埼玉県川越市を「シャッター街」から観光地にできたのか | 文春オンライン

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です