地方だからこそイノベーション、第4次産業革命のチャンス

引用したのは、世耕弘成経済産業大臣の言葉。確かに、たとえば農業でも生産性革命の余地が大きいと思う。どんなチャレンジをするかだなぁ。

また、記事の中で、「学び直し」がこれからの生き方のカギというのは、納得できる。そして、学び直しの機会が提供できるところほど、強いんだろうな。

一般社団法人働き方改革コンソーシアム(CESS)「デジタルイノベーション実現会議」からのレポート。

地方はこれから第4次産業革命のチャンスです。東京の日本橋で自動運転車やドローンの宅配をテストするのは難しいが、人が少ない地方では何の問題もない。しかも、高齢化で買い物が難しく、タクシーやバスがないのでニーズがある。地方は貴重な実践の場になります

情報源: データイノベーション時代の働き方 最先端技術はすぐ陳腐化する、カギは学び直し! | ニコニコニュース

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です