スマート農業に活用できるAIプラットフォームを開発

キャノンITソリューションズ株式会社。カメラ技術とAIを組み合わせることで、農業では、映像情報から生育情報を数値化し、収穫量の予測に役立てたりできる。

現在、農業分野においてICTを活用した新たな農業“スマート農業”の実現に向け、産学や農業生産者が連携した技術開発や実証の取り組みが活発化してきています。

情報源: AIプラットフォーム「LaiGHT(ライト)」を開発 カメラ映像からのイチゴ収穫量予測AI実現へ活用

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です