道の駅と女子大生の連携、滋賀県竜王町

えてして学生の提案は使えないものも多かったりという話も聞くけれど、定番化した商品もあるというから、ほんとうに連携が好調なのでしょうね。

就職にもつながったと言います。

竜王町の道の駅と滋賀短大(大津市)の女子大生らの連携が成果を上げている。町内の農産物や近江牛を使ったヒット商品が生まれ、町の魅力に引かれて道の駅に就職する卒業生も現れた。若い女性の発想が活性化につながると期待され、両者は連携を拡大する協定を改めて締結した。

情報源: 道の駅×女子大生 連携好調 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です