神奈川逗子市、移住者向けサイトリニューアル

自前で制作とのこと。たいへんだなぁ。

上記が8月27日リニューアルのそのサイト。家族へのインタビュー、まちの概要紹介、特色の紹介、子育て世帯向けの説明など。インスタ映えしそうな写真を並べたコンテンツが特徴かな。

海も山もあり明治期から別荘地だった逗子市は、横浜まで30分、東京都心まで1時間で近年はベッドタウンでもあった。しかし、2015年に5万8千人近かった人口は、18年には5万7361人に。人口減で苦しい財政がさらに悪化しないよう、同市は市の魅力をアピールする公式サイトで移住者の誘致に乗り出した。緊縮財政のさなか、サイト制作は全て自前だ。

情報源: 神奈川)逗子市、移住者誘致狙ってサイトリニューアル:朝日新聞デジタル

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です