滋賀県大津市、市政にデータ分析活用

データ分析を市政に活用する事例は他にあまりないそう。子育て分野では、保育定員と女性の社会進出の関係、待機児童の出やすい地域の分析など、またまちづくり分野では、地価と移住の関連性などを分析。

こういうのって、結局、どのような仮説をもってどのデータを利用するかが重要になってくる気がします。

大津市が本年度から、データ分析を市政に活用する試みを始めている。初年度は子育てとまちづくりの2分野がテーマで、将来は投資効果を解析して予算配分にも生かしたい意向だ。ただ自治体としては先進的な取り組みで先行事例がなく、庁内の専門知識の不足という課題がある。

情報源: 市政にデータ分析活用 大津市、子育てとまちづくり解析 : 京都新聞

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です