長野県茅野市が転入者アンケートを実施

長野県茅野市が、転入者にアンケートを実施。こういう調査は、実はなかなか恒常的にとりづらいので、たいせつな取り組み。

手続きで窓口を訪れた人に回答を依頼。4~8月の5か月間で309件の回答。転入理由は就職・転勤が38.5%、移住希望に基づくものは16.5%。茅野市を選んだ理由では「勤務地に近い」23%、「気候・自然環境」16.3%、「生活環境」10.6%。

「移住希望」77人のうち30代が26%、60代18%、40代と20代が14%。

茅野市は今年度、転入者に移住した理由や新生活の不安を尋ねるアンケートを市役所で始めた。転入の動機や移住後の生活に焦点を当てた市の調査は初めてで、移住促進やまちづくりに役立てる目的だ。4~8月のまとめだと、転入理由で就職・転勤が38・5%に上ったのに対し、移住希望に基づく転入は16・5%にとどまり、子育て世帯が獲得できていない現状も浮き彫りになっている。

情報源: Nagano Nippo Web » 移住希望は16.5% 茅野市が転入者アンケート

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です