オープンデータが生み出すビジネス・サービス

オープンデータ化によってどのようなビジネスやサービスが生み出されるのか、実例を交えながらの分かりやすいインタビュー記事です。

生み出される価値には、「分かりやすく可視化する」「対話型で理解を深める」「現在の状況をリアルタイムで知らせる」「各地のデータを全国レベルで集約して横断的に見せる」「複数のデータの組み合わせでサービスを創出する」「地域単位でワンストップで情報をまとめる」「目的にそったデータを複数の企業等を仲介して統一してまとめる」「その人の目的に応じた情報をまとめる」という8類型があるというのも分かりやすい。

巨大ビジネスから肌理の細やかな地域問題の解決まで、いろいろな事象が対象になりますが、いずれの場合でも、オープンデータを活用し、他のデータと組み合わせることで新たな価値が生みだされていると言えます。

情報源: 自由に使える公共情報・オープンデータで何が変わるのか? – 週刊アスキー

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です