早大生、移住策で佐賀県唐津市に提案

学生が地域に滞在し行政に提案をするという、インターンシップ型の地域活性事業。増えてきている気がします。

この例では、職業体験の「キッザニア」を全市に広げる「カラツニア」なんてアイデアは観光まちづくりのひとつのあり方。それでも、「職が無いというところをつぶせなかった」という学生自身による自己評価。しっかりしているなぁ。

そして、職を作るということを課題にすると、さて、どんなインターンシップになるか。

早稲田大学の学生が唐津市に移住定住促進策を提言する「地域連携ワークショップ」の報告会が4日、唐津市役所別館で開かれた。学生10人が計9日間の滞在などで案をまとめ、「シェア移住」「カラツニア」の二つの構想を市職員らに発表した。

情報源: 早大生、移住策で唐津市に2提案 「シェア移住」「カラツニア」|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です