進む酪農・畜産におけるAI活用

酪農・畜産分野でのAI活用のうち、疫病の早期発見、飼育工程管理、発情期・妊娠の早期察知などはポピュラーになりつつあると。

酪農・畜産業における人工知能のユースケースが着々と増え始めている。すでにポピュラーになりつつある使い方としては、「疫病の早期発見」や「飼育工程管理」「発情期・妊娠の早期察知」などがある。

情報源: ヘルスケアから死亡確認まで、畜産業を自動化するAI

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です