宮崎県新富町で企業の働き方改革と地域のコワーキングを連携した実証実験

地域で活動する一般社団法人がコワーキングスペースを準備、そこを活用して、企業の働き方改革の一環としてはたらく実験。

このように、あらかじめ目的を定め、協力者を募る形で、場所ではなく仕掛けとしてのコワーキングスペースというあり方はぜひ考えていきたい方向。

一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(宮崎県児湯郡新富町、代表理事:齋藤 潤一)は、ユニリーバ・ジャパン(東京都目黒区、代表取締役社長 兼 CEO:髙橋 康巳氏)の新しい働き方のビジョンに賛同する企業・団体・個人のネットワーク「Team WAA!」※1と連携し、働き方改革に関する実証実験を行います。

情報源: Team WAA!と宮崎県新富町の地域商社こゆ財団が連携し、働き方改革の実証実験を9月よりスタート!|一般財団法人 こゆ地域づくり推進機構のプレスリリース

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です