社員のコミュニケーションを促すオフィスの工夫

テレワークもいいけど、来たくなるようなオフィスとして工夫されている事例。

ランチ会、ビブリオバトル、ジムなどなど。アイデア生産性とでもいうのかな、そういうオフィスってどうあるべきか。考えさせられます。

働き方の多様性を高め、雇用を拡大する手段の1つとしてテレワークは大変有効だ。時間はかかれど、今後さまざまな職種や業種で間違いなく広がるだろう。一方、「テレワーク時代」だからこそ、従来のオフィスの在り方を見直し、「社員が来たくなるオフィス」作りに工夫を凝らしている企業もある。

情報源: 生産性向上の第一人者が厳選した“出社したくなるオフィス”5社

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です