学生が「弘前ウェディングプロジェクト」を通して得る学び

地域活性化プランの提案まではよくあるのだけれど、その後の実現段階をアクティブラーニングとして位置付けている。実践を通して学ぶことは多くあるでしょうね。

千葉商科大学の人間社会学部では、学生が大学の講義で学んだ知識を本当の意味で「使える知識」として習得できるように、実社会の中でさまざまなプロジェクトに参加するアクティブ・ラーニングのプログラムを数多く用意しています。学生は企業や行政、地域の人々と協働しながら、学んだ理論と現場での実践を反復・吸収し、そのプロジェクトにおける課題の解決や目標の達成に向けて取り組んでいます。

情報源: 千葉商科大学の学生が育ててきた地域活性化プラン、「弘前ウェディングプロジェクト」とは? | 大学ジャーナルオンライン

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です