宮崎県日南市、地域再生策の狙い

商店街にIT企業を誘致。事務職を生み出し、シャッター通りを復活。後編にある「人は選択肢が多い地域に移動していく」という言葉も印象的。

企業にとって『人が採れる』ことに尽きると思います。そして行政のサポートがしっかりしていること。運営や社員さんたちのサポートも含めてです。『日本一組みやすい自治体』のキャッチフレーズを掲げ、誘致後も会社を訪れて困っていることなどを訊いて回りました

情報源: 人材も産業も「雪だるま式」に。前例のない前例を創っていく | Glocal Mission Times (グローカルミッションタイムズ)

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です