学食で地元企業と学生を繋げる「モグジョブ」

学食で社会人と食事しながら会話する。仕事と学生をつなぐ、おもしろい取り組みです。

「モグジョブ」では中小企業の抱える新卒採用の悩みと学生の就職時のミスマッチを解消するのが狙いだ。企業と学生は事前に「モグジョブ」に登録し、学生が参加したい日時と興味のあるテーマを選択すれば、「モグジョブ」がシステム上でマッチングさせる。社名ではなくテーマを元にイベントを選択できるため、企業は認知度向上を期待でき、学生は視野を広げる機会となる。また、学生にとってはランチ代を社会人に奢ってもらえるというのもサービス利用の敷居を下げられるだろう。

情報源: 学食で地元企業と学生を繋げる 地域雇用マッチング「モグジョブ」開始 | 財経新聞

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です