山梨県北杜市「食と農」を活かしたプロジェクトを実施

中小企業基盤整備機構が高校、自治体と連携して地域資源を活かした商品開発などに取り組む。

最近はこのようなプロジェクトでも、SDGsを背景にしたものが増えてきました。

独立行政法人中小企業基盤整備機構関東本部(略称:中小機構関東、所在地:東京都港区、本部長:占部 治)では、山梨県北杜市及び山梨県立北杜高等学校と連携し、高校生と中小企業者による魅力ある地域資源を活かした共同商品の開発、同商品の都内プロモーション・地元常設販売に取り組む「住み続けられるまちづくり推進プロジェクト」を実施

情報源: 山梨県北杜市×北杜高校×中小機構関東 「食と農」を活かした住み続けられるまちづくり推進プロジェクトを実施|中小機構のプレスリリース

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です