道路が変化する未来都市

道路って無意識にそのままのものと前提してしまっていたけれど、そう、組み替えて用途を複数にあてられるとなると、何か新しい考え方が生まれるかもしれない。

都市計画の際、前提をとりはらって、もっと自由に考えないとね。

グーグルの親会社であるアルファベット傘下のSidewalk Labsが、カナダのトロントで進めているスマートシティプロジェクトの姿が徐々に明らかになってきた。鍵を握るのが、状況に応じて用途が柔軟に変化するフレキシブルな道路だ。グーグルが考える「未来の道路」の姿がそこにはあるが、一方で実現には課題も山積している。

情報源: グーグルがつくる未来都市では、道路が柔軟に「変化」する|WIRED.jp

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です