ドローンとAIで森林境界の明確化

山の境界って、ほんと覚えている人がどんどん少なくなっているから、こうした画像から推定だけでもできるとありがたい。登記情報がバックにあれば、そこから誰のという情報もひっぱって表示してもらえると、すごく助かるのだけど。

今回の研究では、深層学習を用いた画像認識AIエンジンの開発と、AIエンジンにより得られた森林に関する推定結果に基づき、各種地理情報等を用いてより広範囲でかつ精度よく、森林境界や「スギ」「コナラ」等有用樹種の材積等を推定するための手法の開発及び森林組合員等が使いやすいクラウドアプリの開発等に取り組みます。

情報源: ドローンとAI技術を活用した森林境界の明確化や施業集約化のための効率的調査技術の研究に取り組むことになりました | News Release | 株式会社エイブルコンピュータ

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です