ユーザー視点+未来の視点でイノベーション

セミナーからのレポート記事。

講演の内容、その後のワークショップの様子とも、イノベーションを生む場を作るうえで、とても参考になる内容でした。

顧客の目線に立って、製品・サービスを開発する。多くの企業が実践するこのアプローチでは、もう足りない!? そんな「これからのユーザーに選ばれる製品・サービスづくり」のヒントとなるセミナー「強度の高い仮説による『この世にまだない価値』のデザイン」が8月29日に行われました。今回はその模様をレポートします。

情報源: ユーザー視点+未来の視点からイノベーションを生むデザイン(前編) | CHANNEL IB | BLOG | インフォバーン

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です