有機農業にも技術革新の波

有機農業って、土壌管理など、科学的なところが多いから、むしろシステム化に向いていると思っています。

一般的な認識は、有機農業は人手ということなのかもしれないけれど。

情報技術(IT)や人工知能(AI)などの先端技術を使う農業と有機栽培は、互いに交じり合うことのない別世界の農業――。有機物の循環や環境の保全を大切にする有機農業からすれば、栽培をシステムに任せることは以前は想定できなかったことかもしれない。だが先端技術を応用するスマート農業の流れは、化学肥料の使用を抑制する有機農業の世界にも及ぼうとしている。

情報源: 化学肥料は悪? 「疲労時のドリンク剤と同じ」:日経ビジネスオンライン

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です