埼玉県深谷市でマインクラフトを利用した地域資源研究

駅や街並みを再現していくというプロジェクト。地域を「見る」眼として、写真を撮影してまわる方法や、クイズで探検する方法、オープンストリートマップを作る方法などあります。

その一手法として考えるといいのかなと思いますね。

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科若新雄純特任准教授、東京大学大学院情報学環田口純子特任研究員および東京大学生産技術研究所林憲吾講師による共同プロジェクトとして、オンラインものづくりゲーム「マインクラフト」のユーザーである若者が共同生活を行い、地域連携による新しい制作拠点開発を行います。

情報源: 慶應大学と東京大学の教員・研究員が深谷市で地域資源研究プロジェクトを実施しています/深谷市ホームページ

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です