古民家から町や経済をデザイン

NOTEの取り組みについてのインタビュー記事。空き家再生をどう経済に結び付けていくか。

おそらく、発見のひとつは、「宿泊施設にする」というところだと思います。宿泊から、すべてが始まる。飲食にしても、加工品にしても。

兵庫県篠山(ささやま)市*といえば、黒豆や栗が名産で、「デカンショ節」に地名が登場するような山間部の町というイメージだ。古い歴史を持ち、伝統的建造物群も残るが、市内にいくつもある集落は人口減による空き家の増加に悩んでいる。それらに命を吹き込み再生させる事業に取り組んでいる、新しい動きがある。その中心で地域再生を牽引する株式会社NOTE(ノオト)代表取締役の藤原岳史さんに話を聞いた。

情報源: コミュニティを掘り起こし、古民家から町や経済をデザインしていく(前編) | Glocal Mission Times (グローカルミッションタイムズ)

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です