JAL、徳之島で「ワーケーション」実証

報告会を開催。3泊4日。新規事業プロジェクトなどに向いているという意見など。

日本航空(JAL/JL、9201)は2月1日、滞在先での一部時間を仕事に充てる「ワーケーション」に参加したグループ社員の報告会を、東京・天王洲のJAL本社近くにある「JALイノベーションラボ(JAL Innovation Lab)」で開催した。報告会では、気分を一新することにより、業務効率化につながるなどの意見が聞かれた。JALは今後、ワーケーションなどを通じ「働き方改革」の浸透を図る。

情報源: JAL、徳之島で「ワーケーション」実証 目前の海で「自由な発想」

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です