ドローンで無農薬栽培を推進、市場を創造

オプティムの取り組み事例。農産物の買取まで行うモデル。丹波の黒豆でもやっていますよ。

農業ビジネスを1番の成長分野に位置付けるIT企業、オプティムは、ドローンを活用して農薬使用量を減らしたコメやエダマメを通常の3倍の価格で販売する。この「儲かる農業」のスキームに参画する生産者・団体は1000を超える。同社の菅谷俊二社長に今後の事業展開と課題と聞いた。

情報源: ドローンで無農薬栽培を推進、従来の有機農業の15倍市場を創る | 『週刊ダイヤモンド』特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です