「出島戦略」でオープンイノベーション

本体から切り離した機動的な組織を作って、外部とのコラボレーションを図る。しばらく前から提唱されてきた仕組み。

その一つの手段として、出島戦略が注目を浴びています。既存の組織や枠組みのもとでは、革新的なイノベーションを起こしづらいという課題意識のもと、イノベーション拠点として本社から切り離した『出島』組織を作って、迅速で大胆な取り組みを進めていこうという試みです」

情報源: 成長鈍化する大企業が求める「出島」とは何か ベンチャー企業にオープンイノベーションを求める時代へ | JBpress(日本ビジネスプレス)

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です