生活に「農」を組み込む

シェア型農園をアプリで管理。水やりが必要になると通知があり、行ける人がいって水をやったことを報告。

デジタル技術で「農」がある都市生活を。IoTプランターを開発中のスタートアップ企業が挑む、新しいライフスタイルの提案を見た。

情報源: AIの指示で帰宅時に野菜に手入れ、アプリで確認――生活に「農」を組み込む新サービス – DIGITALIST|デジタリスト

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です