地域全体の産婦のメンタルヘルスを向上

妊娠段階でカウンセリング、必要な人に継続的なケア。長野県須坂市で実証。

助産師・保健師・精神科医など多職種が連携する母子保健システムを開発 メンタルヘルスの向上における科学的有効性も実証!!

情報源: 地域全体の産婦のメンタルヘルスを向上する母子保健システム「須坂モデル」を開発 | 国立成育医療研究センター

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です