地方への移住増へ、地域おこし協力隊の活性化など

施策の方向性をコンパクトにまとめてあります。

若者を中心に地方都市から東京圏へ毎年10万人を超える転出超過が続いていますが、この15年間で地方の若者は約3割減少するとともに、15歳以上の就業者は大幅に減少しています。今回は6年間で6万人が目標とされる東京圏から地方へのUIJターンによる起業や就業者の創出を図る国の施策や地方自治体における移住の現状から今後の地域活性化について考えてみたいと思います。

情報源: 地方への移住増で期待される地域の活性化(中編)/地域活性機構 リレーコラム | Glocal Mission Times (グローカルミッションタイムズ)

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です