IT経営の先進企業を選定

経済産業省から、「攻めのIT経営銘柄2019」選定企業29社、「IT経営注目企業2019」20社を発表。DX(デジタルトランスフォーメーション)がキーワード。データとデジタル技術を活用して顧客や社会の変化に対応、ビジネスモデルやプロセスなどを変革する企業。

経済産業省は、東京証券取引所と共同で「攻めのIT経営銘柄」を選定し、本日、第5回目として、「攻めのIT経営銘柄2019」選定企業29社と「IT経営注目企業2019」20社を発表しました。

情報源: 「攻めのIT経営銘柄2019」「IT経営注目企業2019」を発表しました (METI/経済産業省)

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です