令和時代のイノベーションに必要な力

連携を重視すると差別化できなくなるのでは、との問いに、連携パーツが増えると組み合わせは階乗で増えるという答えが印象的。

新しい時代に、技術によって社会やビジネスはどう変化し、人には何が求められるのか。IoT(モノのインターネット)に欠かせないOS「TRON(トロン)」を開発し、1980年代からIoT時代の到来を予言した東洋大学の坂村健情報連携学部長に聞いた。

情報源: 「TRON」生みの親が語る、令和時代のイノベーションに必要な力

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です