地方の「余白」を活かす「越境イノベーション」

地方だからこそ「余白」があるという考え方は常に意識したい。この記事で紹介されている事例では、どこに「余白」を見出しているかな? 城崎という「温泉」を資源にアーティストに地元還元を前提に無料宿泊を提供しにぎわいをもたらしている兵庫県豊岡市。 ... 続きを読む

好きなことを突き詰めるとご褒美がある、という経験のできる地域性

コピーライターの糸井重里さんとのこの対談、糸井さんの考え方が素直に語られていて、おもしろいです。 下に引用した言葉などもそう。お金になるかどうかじゃなく、やりたいなぁと口にしたことに、いろんな人が後押ししてくれて、形になっていく。そういうつ... 続きを読む