東京都がスマート農業の実験農場を整備

税優遇が切れる生産緑地の維持を図るため、生産効率の向上や就農者増加を促す。 インキュベーション農場は2億円の予算で、1千~2千平方メートルを買い取って整備。事業者や研究者を募る。農業に「インキュベーション」をからめたところが、前向きだなぁと... 続きを読む

アグリテック(農業テック)スタートアップ8社を紹介

かんがいソリューション、ブロックチェーンを活用した物流、植物工場など。生産だけでなく、サプライチェーンまで見据えた改革が求められていますねぇ。 高齢化が著しく労働力不足が懸念されている日本の農業には今後、農業×ITであるアグリテック(アグテ... 続きを読む

ICTを活用した未来型ユニバーサル農業の実証実験を開始

そうか、スマート農業は、高齢者でも参加できるユニバーサル農業でもある。障がい者の就労支援としても考えられるわけですね。 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)とCTCの特例子会社... 続きを読む

農林水産業イノベーションにおける「プロデューサー」の活躍

プロデューサーというか、つまりプラットフォームが重要ということ。ではあるけど、そこに集う人、熱気、そう簡単ではなく、やはりそれを促進するプロデューサー次第ってことか。 ニーズ・シーズの発見から始める新産業の育成。農林水産省が進める業界の壁を... 続きを読む

茨城県で、キャベツ農家の出荷量をドローンとAIで予測

実証実験の様子を伝えるレポートです。 茨城県のキャベツ農家で、ある実証実験が始まりました。ドローンで上空からキャベツを撮影し、膨大な量の画像をつなぎ合わせてAIで解析。将来的にはキャベツの育成状況から収量の予測を目指すプロジェクトです。 情... 続きを読む