同じ「種」だからすべて同じと考えないということ

このまま気候変動が進むと、100年後には今知られている種の4分の1はいなくなっているかもしれない。そんなことが言われています。 「個体群」という多様性 一方で、種をただひとつのものとして見ない方がいいということを教えてくれるのが記事にもある... 続きを読む

女性目線の農業イノベーション

性別で論じるのは好きではないですが、ここで紹介されている女性農家の特徴は、商品の目線、食卓の目線を持っているということかな。 農業のこれからを考えるとき、このようなほどよい規模でありつつ、特徴を持たせて収益を確保するモデルは欠かせないです。... 続きを読む

神戸市役所発「EAT LOCAL KOBE」のイノベーション

これはあるあるだし、着眼点も正道。農業振興を農業者ばかりで話していてもらちがあかない。そもそも生産することが大切なのではなくて、食卓にのぼってこそ。 だから、食という切り口から始めた神戸市役所農政部農水産課のアプローチは真正面で潔い。こうい... 続きを読む

世界で「小さな農業」が見直されている

農業というと大規模化、企業進出といった話題に注目が集まりますが、実は家族経営など「小さな農業」が見直されていること、ご存知ですか? 今年は国連が定める「家族農業の10年」の始まりの年。農村の風景を守るのに小さな農家さんが果たしてきた役割を、... 続きを読む

学校給食完全オーガニックの日、石川県はくい市で

ここでいう完全オーガニックというのは、自然栽培のことですね。はくい市では市やJAも自然栽培の普及に協力しています。 農薬や化学肥料を使わずに育てる「有機農業」と比べて、自然栽培というのは、有機肥料さえも使わない。名前の通り、自然のままの力を... 続きを読む