ピンポイント農薬散布テクノロジーで「丹波黒 大豆・枝豆」

兵庫県篠山市での実証実験の結果。実際に200gを税別770円で販売。 観光栽培よりも99%農薬を削減、労力も削減できたと。 AI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーである株式会社オプティム(以下 オプティム)は、兵庫県... 続きを読む

世界4大農業企業、穀物取引にブロックチェーン導入

仮想通貨でばかり注目されるブロックチェーンだけど、技術的には、さまざまな応用が考えられるんだよね。 なるほど、生産履歴への適用。大手農業会社をABCDと並べるのは知りませんでした。食料とブロックチェーンと履歴といえば、たとえば、 ripe... 続きを読む

農家に人手学生に野菜、愛知県美浜町で

草刈りボランティアというのは田舎でしばしば出てくるニーズ。これと学生を組み合わせれば、というのも聞く。 物々交換をベースとしたこの試み、うまくいくかな。 日本福祉大(美浜町)の学生と美浜町の農家による新たな地域連携の取り組みが今月中旬から始... 続きを読む

AIを酪農に活用、北海道での事例

食事の反芻などの状況を把握。異常を検知。 乳牛や肉牛のわずかな体調の変化も見逃せない畜産業。匠の技が求められる一次産業こそ、さまざまなセンサーが通信でつながるモノのインターネット(IoT)と最も親和性の高い分野かもしれない。 情報源: 【プ... 続きを読む

自動運転のエヌビディアが農業分野で協業

現在の農業は課題が多い。それだけに、イノベーションが期待される。そのあたりの事情を探った記事。 ほんとうに、農業が大きく変わると、日本はおもしろくなる。 自動運転の世界では、インテル、グーグル傘下のウェイモ、ライドシェアのウーバーなど、強力... 続きを読む