地方の「余白」を活かす「越境イノベーション」

地方だからこそ「余白」があるという考え方は常に意識したい。この記事で紹介されている事例では、どこに「余白」を見出しているかな? 城崎という「温泉」を資源にアーティストに地元還元を前提に無料宿泊を提供しにぎわいをもたらしている兵庫県豊岡市。 ... 続きを読む

SDGsを象徴するビルが会津若松市にオープン、仕組み化に鍵がある

会津若松市に建設された「AiCT」。データに根差したイノベーションの拠点として、17社が入居予定。地域課題に根差すからこそ、企業も簡単に出ていかない。 単なる企業誘致、サテライトオフィスではなく、この場合だと市が集積するデータなど、地域側か... 続きを読む

イノベーションに必要なのは創造だけではない

関西電力内で新しいプロジェクトを次々生んでいる仕組みが「h-hack」。イノベーターとアクセラレーターという考え方は重要。 もちろん、一人のイノベーターから新しいものが生まれることもあるだろうけれど、思い付きに対して「おもしろいね!」と共感... 続きを読む

令和時代のイノベーションに必要な力

連携を重視すると差別化できなくなるのでは、との問いに、連携パーツが増えると組み合わせは階乗で増えるという答えが印象的。 新しい時代に、技術によって社会やビジネスはどう変化し、人には何が求められるのか。IoT(モノのインターネット)に欠かせな... 続きを読む

オープンイノベーション成功のポイントは

開発に携わっている人へのアンケート結果。イノベーションは企業の成長にとって重要。連携先を探索する努力、専門部署の設置、明確な戦略や強みの把握、意思決定スピードなどが成功の要因。 新規事業開発、新技術開発、新商品・サービス開発において、外部の... 続きを読む

若者が続々移住する兵庫の田舎町

豊岡市。鞄産業という地場産業もV字回復。学びから就職、起業。人づくりだけじゃなく、その後の受け皿まで考えた戦略が必要ですね。 しかし、壊滅的な状況に陥っている地方もある中、再び勢いを盛り返してきた街が出始めている。そのひとつとして、多くの地... 続きを読む

「出島戦略」でオープンイノベーション

本体から切り離した機動的な組織を作って、外部とのコラボレーションを図る。しばらく前から提唱されてきた仕組み。 その一つの手段として、出島戦略が注目を浴びています。既存の組織や枠組みのもとでは、革新的なイノベーションを起こしづらいという課題意... 続きを読む

イノベーション指数 競争力の源を読み解く

日経による調査。 イノベーション指数は「組織力」、「価値創出力」、「潜在力」の3項目で構成する。各項目はそれぞれを構成する要素の平均値でイノベーション指数は3つの力の合計点になる。 情報源: イノベーション指数 競争力の源を読み解く:日本経... 続きを読む