長野県、ときどき仕事に来てくれる関係人口を応援

長野県が、ときどき長野県を訪れて仕事をしてくれるIT系の人材への支援を始めます。年間で3回以上、1泊2日で訪問してくれること、コワーキングスペースで仕事をしてくれることなどが条件。 1回あたり上限1万円の補助、これは東京からの必要経費のほぼ... 続きを読む

関係人口とは関係のある人ではなくファンそのものである

定住や移住ではない地方創生の新しいゴールとして「関係人口」が言われるようになりました。 ソシエテ・リベルテはもともと「関係人口」を目指して始めたプロジェクトなので、ありがたい話です。 ところで、関係人口を「関わりがある」くらいの軽いイメージ... 続きを読む

デュアルな生活が自分を「複属化」させて可能性を広げる

どこか1カ所に住まいを決めなくてはいけないというのが固定観念ですよね。二地域居住(デュアル・ライフ)する人を紹介する記事。 別荘的な考え方と違うのは、田舎に持つ家でも地域とのつきあいをする、つまり居住と同様の考え方をすること。 住む場所によ... 続きを読む

地方の方が自分のやれる幅が広い

地方移住のケース。都市で働くより、地方の方が、自分のスキルを活かせる幅が広い。住まいのリノベーション、仕事探し、ホーム企業など、地域でよく見かけるスタイル。 そんな地に古民家を購入し、リノベーションして、妻と子供2人と新たなくらしをかたち作... 続きを読む

地方への移住増へ、地域おこし協力隊の活性化など

施策の方向性をコンパクトにまとめてあります。 若者を中心に地方都市から東京圏へ毎年10万人を超える転出超過が続いていますが、この15年間で地方の若者は約3割減少するとともに、15歳以上の就業者は大幅に減少しています。今回は6年間で6万人が目... 続きを読む

東武鉄道が取り組む「埼玉への移住促進」

その昔、鉄道会社は宅地開発で乗客を開拓していった。今は空き家再生がテーマ。県と連携してというところがポイントと。 各社それぞれの手法で取り組みを行うなかで、中古住宅の「住み替え」を支援することで沿線外住民の関心を惹こうとしているのが東武鉄道... 続きを読む

仕事と生活と地方移住との関係

生活を変えたいから移住したい、その先に仕事があるかどうかというのが根本の悩み。だから地方のために移住して起業するならという仕事が先の補助金には疑問と。むしろ在宅勤務などの推進。 人が地方に動くのは仕事のためではなく、生活の質を変えたいという... 続きを読む