学生が「弘前ウェディングプロジェクト」を通して得る学び

地域活性化プランの提案まではよくあるのだけれど、その後の実現段階をアクティブラーニングとして位置付けている。実践を通して学ぶことは多くあるでしょうね。 千葉商科大学の人間社会学部では、学生が大学の講義で学んだ知識を本当の意味で「使える知識」... 続きを読む

京都府丹後地方のインターンシップ情報などを発信するサイト開設

丹後地方の複業情報やインターンシップなどを紹介するサイトが開設されました。 ふるさとブリッジ この度、丹後地方を中心に地方創生に取り組む弊団体は2018年8月19日(日)より、地方企業でのインターンシップや複業の紹介、地方で活躍する人や... 続きを読む

宮崎県新富町で企業の働き方改革と地域のコワーキングを連携した実証実験

地域で活動する一般社団法人がコワーキングスペースを準備、そこを活用して、企業の働き方改革の一環としてはたらく実験。 ユニリーバ「WAA」 働く場所、時間を社員が選べる。 「こゆチャレンジフィールド」をオープン コワーキングスペースの発表。... 続きを読む

「ローカル×兼業」を探すウェブサイト開設

地域の中小企業のプロジェクトに参加しつつ、副業もできる。そんな兼業を促すウェブサイトが開設されました。 ふるさと兼業 こういう情報発信って、重要だし、おもしろいと思います。全国のNPO等と手を組んで情報を集約しているところもいいですね。... 続きを読む

ソーシャル AI チャットボットで地方を応援

LINEでのバーチャルAIロボット「りんな」を利用して、マイクロソフトが地方応援プロジェクトを開始。 群馬県などが参加、クイズ形式で地方の情報を伝えたり、ユーザが投稿した写真を地図上に表示したり。 日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港... 続きを読む

早大生、移住策で佐賀県唐津市に提案

学生が地域に滞在し行政に提案をするという、インターンシップ型の地域活性事業。増えてきている気がします。 この例では、職業体験の「キッザニア」を全市に広げる「カラツニア」なんてアイデアは観光まちづくりのひとつのあり方。それでも、「職が無いとい... 続きを読む

静岡県川根本町で自動写真撮影、大学生ら考案

吊り橋に設置して、普段見ることができない写真を撮影、スマホにダウンロードして「インスタ映え」を狙う。 学生コンソーシアムでの取り組みとのこと。これはおもしろいのでは。インスタ映えは最近の観光活性化では必ず出てくる話ですが、なるほど、自動カメ... 続きを読む