北見市で「帰省型テレワーク」

そうだよね、これだけ帰省というライフスタイルが浸透しているのだから、いっそ帰省した機会に豊かなテレワーク環境に親しんでもらい、将来の本格実施や、サテライトオフィスなどにつなげるっているのもありだよね。 帰省型テレワーク。新語的な感じだけど、... 続きを読む

地域活性化へ大学連携、横断的な大学連携がポイントか

地域で活動する大学は増えました。それらの関係者が会して意見交換する回が兵庫県神戸市で開催。文系の場合は建築系のノウハウが必要など、お互いの情報交換の必要性が指摘されています。 丹波地域にも複数の大学が関わっていて、年に1度情報交換会も開かれ... 続きを読む

青森最小の村、土地代タダ、600万円お得の移住者募集

青森県内最小の西目屋村の取り組み。土地代をゼロにするってのはどうなのかな、微妙な政策だけど、36区画募集のうち24区画が移住者向けで、はや12区画が成約とのこと。 「スクスクタウン」と題した特設ページを見ると、ランディングページも、それらし... 続きを読む

神戸市の自動運転移送実験、70歳以上で利用率高く

神戸市で行われていた自動運転利用実験の総括結果が公表されています。 「神戸市:ラストマイル自動運転移動サービスの実証実験の結果報告」 に詳細がPDFで提供されていますが、ショッピングセンターへの移動など、積極的に利用されたようです。乗車時に... 続きを読む

「母になるなら、流山市」市長インタビュー

子育て世帯の移住で注目されてきた流山市の「母になるなら、流山市」。TX線開通の影響も大きいのではないか、そうした利便性がポイントではと思っていたのですが、市長のインタビューを読むと、しっかり戦略的に考えられていて、刮目です。 豊かな緑を失わ... 続きを読む

福井県池田町、田舎移住希望者に「オープンタウン」

高校入学希望者向けにオープンハイスクールがあり、大学入学希望者向けにオープンキャンパスがある。では、移住希望者向けには「オープンタウン」。いや、なるほど。 福井県池田町の取り組み。8月11日から18日という、お盆帰省の期間に合わせて実施。昨... 続きを読む

福井県坂井市、学生×地域住民から生まれる”新しい縁”

学生による地域づくり活動、というのはある。その延長で地域おこし協力隊への「就職」を促し、ふるさと納税とからめてクラウドファンディングを設定する。 試験で言えば満点の内容。クラウドファンディングのページも熱い。ただ、やっぱ、ソーシャルメディア... 続きを読む

【開催レポート】ライフスタイルから考える〜自分で自分の肩書きをつくる生き方 vol.02 – 大ナゴヤ大学 –

小橋先生から今回の授業を聞いて、「お二人の話を聞いてそれぞれの想いが伝わったと思います。皆さん自身の明日からの肩書きを考えるきっかけにしてください。」というお話がありました。自分の肩書きをどうしたいのか、また何であるのか考えることは、これか... 続きを読む