大津市役所都市再生課が再生した町家に移転

中央省庁の地方移転の話がけっきょく小規模に終わってしまうなんてニュースを気にしている中、大津市では市役所の一部署を古民家に移転という。 空き家再生は全国各地で行われているけれど、市役所自らが入居という発想は盲点だったかもしれない。 空き家を... 続きを読む

空き店舗を開放する「逆転の発想」

空き店舗ではなく「開き店舗」。1カ月限定にしたというのもアイデアかもしれません。 「コミュニティができちゃうと新しい人が入りづらくなる」という指摘は、類似の活動で考えておかなくてはいけないテーマですね。一般的には、コミュニティが人を連れてく... 続きを読む

「イン・レジデンス」という手法を再評価してみる

アーティスト・イン・レジデンス(AIR)という活動がありますね。アーティストに一定期間その土地に滞在してもらって、作品制作を行ってもらうもの。 日本にはいま、多くのAIRがあります。地域の学校での体験教育など、地域振興活動も伴っている場合も... 続きを読む

一帯の古民家を再生してまちづくり

丹波篠山発、古民家再生の取り組み。 地域活性化のために観光客の呼び込みに知恵を絞る自治体や企業が増える中、スタートアップのNOTE(兵庫県篠山市)が手がける古民家再生事業に注目が集まっている。築数十年の家屋1軒を改装するのではなく、複数の古... 続きを読む

石川県金沢市に移住しゲストハウスを運営

金沢で主として外国人を対象にしたゲストハウス運営事業を始めた移住者のストーリー。今後の課題を含めて、リアルな内容です。 金沢のためになることで起業をしようと考えたときにアイディアとして出てきたのが、外国人向けの宿を運営することでした。 情報... 続きを読む

北九州市、建築物を活かした学生パワー

歴史的建造物を残すため、市民発で動きが起こり、行政がついていった。事例からのレポート。 それを通して学生は何を学び取るか、明確な目的がありますね。官民学連携事例として、今後も注目とのこと。 この取り組みは次のような教育的意義を持っています。... 続きを読む

宮崎県日南市、地域再生策の狙い

商店街にIT企業を誘致。事務職を生み出し、シャッター通りを復活。後編にある「人は選択肢が多い地域に移動していく」という言葉も印象的。 企業にとって『人が採れる』ことに尽きると思います。そして行政のサポートがしっかりしていること。運営や社員さ... 続きを読む