広島県がAIやIoTを利用した課題解決提案を募集

県内の企業を含む事業者連携で応募できる。こういう、新しいチャレンジの受付窓口が常にあるっていうのは、たいせつなことだな。 ひろしまサンドボックス どんな課題に向き合うか。事業費支援もあるようだけれど、それ目的じゃなく、実際の現場からの声... 続きを読む

農林水産省が「スマート農業」に利用できる技術カタログを公開

まさに、こうした技術カタログがあると、企画を進めるのに便利。あとはどれをどう組み合わせ、あるいは何が足りなくてというのを、生産プロセスをふまえながら考えていくこと。 今後、農業は急速な進歩が求められるなぁ。 スマート農業技術カタログは、現在... 続きを読む

スマート農業加速化実証プロジェクト等に関する全国説明会

スマート農業。これから意識されることが多いワードになりそう。農水省でも来年度から実証プロジェクトを予定。その説明会を9月下旬、全国で。 いきたいけど、日程が合わないかな。 農林水産省では、農業分野においてロボットやドローン、AI、IoT等の... 続きを読む

ICT建機でスマート農業、石川県での試行

コマツの取り組み。コマツの重機がICT化しているという話は知っていましたが、それをそのまま農業用アタッチメントをつけて農業に利用するという話。 建機と兼ねることでスマート農機が安くなれば、というか、建設業が農業ビジネスに参入しやすくなるとい... 続きを読む

AIによる画像認識とドローンを組み合わせて農薬使用を減量

AIによる画像認識技術の現状をレポートした記事。すでにクラウドで提供されている各社のサービスも紹介。写真に自動でタグ付してくれるとか、確かに便利。 農業分野では、作物の生育状況を画像認識で把握し、必要な箇所だけにドローンで農薬を散布すること... 続きを読む

ICTによる高齢者との会話から、文化資本をアーカイブ(石川県白山市)

金沢工業大学による、「茶飲みん」と題した、テレビ会議システムで高齢者と会話する実験イベント。 今回は、実際にどれだけ高齢者が普通に話してくれるかという実験的なものだったようだけれど、構想として示されている、地域文化のアーカイブロボットとの会... 続きを読む

福島県、自律型農業ロボットで大規模果樹園を管理

人口知能による果樹農業データプラットフォームを構築して、少人数でも大規模経営が実現できる農業ロボットによる果樹園運営を目指すと。 福島県の「福島イノベーション・コースト構想」の一環です。生育状況の可視化、土壌分析などのデータ蓄積、AIによる... 続きを読む