ローカリティの冒険

新情報時代のエッジを求めて

AIやIoTが浸透する一方、複業やライフシフトなど生き方にも変化がみられる現在。
社会や個人にとって本当の「自由」を語り合うイベント《ソシエテ・リベルテ》。
本年度は「ローカリティ(地域性)」をキーワードに、社会の、個人のイノベーションを追求します。

ソシエテ・リベルテin東京は、昨年度に引き続き国際大学グローバル・コミュニケーション・センター:GLOCOMさんと協力して
開催します。
インターネット黎明期から人々の暮らしにおける情報社会に着目してきた豪華なメンバーがナビゲーターとなり、参加者と一緒にディスカッションが交わされます。
今年度のテーマとなった「関係人口」や「関わりしろ」といったキーワードも、この議論の場から生まれました。

ぜひ一緒にそれぞれの自由な社会について語らいましょう。

ナビゲーター

庄司 昌彦 氏

国際大学GLOCOM主幹研究員。情報社会論や地域情報化、社会イノベーションに関する研究に携わる。内閣官房オープンデータ伝道師、OpenKnowledgeJapan代表。

小橋 昭彦 氏

メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、兵庫県丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャー設立等で地域活性化に関わる。地域づくり総務大臣賞受賞。

コメンテーター

前川 徹 氏

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター所長。1978年通商産業省入省、情報処理振興事業協会セキュリティセンター所長、早稲田大学大学院客員教授、富士通総研経済研究所主任研究員等を経て、2007年4月よりサイバー大学教授。JETRO NY センター時代に米国情報産業とインターネット商用利用に関するレポートをインターネットで発信、人気を集める。主な著書に『ソフトウェア最前線』、『ビッグトレンド』など。

第1回「未来はもっと自由か」
日時
2018年8月24日(金)19:00-21:00(受付18:45〜)

会場
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター

住所
東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2階


湯川 鶴章 氏

AI新聞編集長。TheWave湯川塾塾長。ITジャーナリスト。時事通信社元編集委員。2009年に退社し、「TechWeve」を設立。初代編集長。TheWave湯川塾の前進TechWeve塾なども開催し、枠にとらわれず楽しく自由に生きる人たちのコミュニティを広げている。ニューズウィーク日本版でもコラムを持つ。