「最も重要な失敗」はカッコイイ

シリコンバレーには多くの企業が生まれ、失敗する企業ももちろんあるわけですが、そうした中で最も重要と言われる「General Magic」を描いたドキュメンタリー映画予告編公開に合わせた記事です。

1990年代にパソコンの次を模索し、結果的に今のスマホ時代を先取りした会社。2002年に破産しました。

失敗ではあるけれど「最も重要な失敗」と言われるのはなぜか。それはこの会社に関わった人たちが、その後の社会において重要な役割を担っているから。失敗しても挑戦し続けているってことですよね。

失敗を恐れて何もしないのではなく、挑戦し続けること。忘れないでいたいなぁ。

Macを開発した代表的な開発者の1人といわれるビル・アトキンソン氏やAndroidの創業者アンディ・ルービン氏など名だたる人物が創業時メンバーとして並ぶ「General Magic」は2002年に破産しました。しかし、General Magicが存在しなければ現代の技術は生まれていない可能性があるといわれるほど、General Magicはシリコンバレーの歴史上で重要な位置をしめています。

情報源: iPhone登場前の1994年にスマホを作った「GENERAL MAGIC」が「最も重要な失敗した企業」と呼ばれる理由を描いた映画予告編が公開中 – GIGAZINE

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です