「あたりまえ」の基準が変わる、700人全員に出社義務がない会社

この特集記事で取り上げられている事例は、それぞれに「あたりまえ」と思っていたことが、ほんとうはそうでなかったと気づかせてくれます。

700人といっても業務委託を含むそうなので、正社員となると減るわけですが、それでも、そもそも本社住所にまとまった人がいないという時点でユニークな会社。面接官が外国住まいだったり、いわゆる総務的なしごとさえテレワーク。

東京ではたらくことをあたりまえと思っているうちに、時代遅れになってしまっているかもしれないなんて感じさせてくれる記事です。

ITの驚異的な発展によって「働く場所を選ぶ自由」が広がってきた。会社から離れた場所でパソコンとインターネットを使って仕事をする「テレワーク」。働き方改革で政府も推進するが、一足早くベンチャー企業を中心に踏み込んだ事例が増えてきた。

情報源: 700人全員に出社義務のない会社  テレワーク「当たり前」で、みんな幸せ(1) | 47NEWS

小橋昭彦
「ソシエテ・リベルテ」ビジョナリー。メールマガジン編集長、情報社会研究、ITベンチャー創業などを経て、ITを地域活性に活かしたいと丹波市に帰郷。NPOや地域ベンチャーを設立し、幅広い分野の地域づくり活動を支援。2006年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です